忍者ブログ
杜の都 仙台 太白区にある 超アットホームなパソコン教室の日々を綴ったブログです。

* admin *  * write *  * res *
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
<<12 * 01/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  02>>
おはようございます。

パソコンを使用していると、画面が固まって(画面が動かなくなる)

操作できなくなる症状が出る場合があります。

そんな時は、パソコン内に溜まった電気を放出させる、

放電をすると良いです。

方法として、画面が固まったものをCtrlキー+Altキーを押しながら

Deleteキーを押す、または電源ボタンを長押しして

強制終了をします。

その後デスクトップ型は電源コードを抜き、

デスクトップ本体の電源ボタンを20〜30秒押し続けます。

ノート型パソコンは電源コードを抜き、(内臓バッテリー

がある場合は)バッテリーを外し、電源ボタンを20〜

30秒程押し続けます。

その後電源を入れなおします。

この作業をするとパソコンも安定に保たれます。

人間と同様、疲れたらパソコンも少し休ませてあげると

良いですよ♪

パソカレッジ仙台教室のホームページはこちら

PR

おはようございます。

3月に入り、
新しい方がぞくぞくとご入会されています。

パソカレッジ仙台教室では、
入会された方のほとんどの方が、
Windows入門からお勉強されます。

Windows入門って!?
思った方もいらっしゃるかと思うので、
簡単に説明致します。

Windows入門では、
ウィンドウの使い方、
動かし方やデスクトップの変え方、
ペイントを使用してのお絵かき、
保存のお勉強が記載されています。

まずは、
Windows入門で保存のお勉強をしっかりされてから、
ワードなどのオフィスのお勉強に入られると、
保存の心配なくスムーズに進められるかと思います。

何事も、
基礎がしっかりしていれば応用にも対応できますよね!?

この春から、
私たちと一緒にパソコンを始めてみませんか!?

パソカレッジ仙台教室のホームページは、こちら☆



おはようございます☆

今日は、
久しぶりに
パソカレッジ仙台教室の様子をお伝いします♪

最近、パソカレッジ仙台教室に、
K教授がいらっしゃいます。



K教授とは、生徒さんのKさんの事で、
パソカレッジ仙台教室に通って下さって、
5年目になります。

Kさんは、とっても物知りで、
休憩中にパソコンの受講とは別に、
K教授の授業が繰り広げられています(*^^*)

この日の、受講内容は、
(お彼岸が近かったため…。)
「彼岸の反対は?」というクイズ形式の受講でした♪

その場にいらした生徒さんも、
インストラクターも難しく、「…。」でした(/ω\)

ちなみに、その答えは、
「此岸(しがん)」という事でした。

聞きなれない言葉だったので、
調べてみると、此岸(しがん)とは、
仏教において彼岸に対比される世界をいい、
私たちが住んでいる現世
のこと。だそうです。

Kさん、勉強になりますm(__)m

そして、Kさんの授業、
こらからも楽しみにしています!(^^)!

そして、K教授の授業を聞けた
ラッキーな生徒さん♪
よかったですね♪

みなさんも、
もしかしたら、受講?!出来るかもしれませんよ♪

そんな、
とっても楽しい休憩を繰り広げているパソコン教室は、
パソカレッジ仙台教室です☆

パソカレッジ仙台教室のホームページは、
こちらをクリック☆


おはようございます(*^_^*)


今日は、
書式のコピーと貼り付けについて、
ちょっとした、情報を紹介させて頂きます☆


ワードの初級で、
書式のコピーと貼り付けがでてくるのですが、
書式のコピーはその名の通り、
コピー元の文字に設定されている
書式のみをコピーして、
コピー先に貼り付ける方法です☆


コピー元の文字を選択し、
書式のコピーのアイコンをクリックして、
コピー先をドラックすると、
ドラックした先の文字に書式のみが張り付きます。
そして(上記手順で行うと)
この動作は、
1回のみ有効です。
なので、別に、貼り付けたい部分がある時は、
再度、コピー元を選択し、
書式をコピーしなくてはなりません。


この時、多くの生徒さんから頂く質問が、
「連続して貼り付けできないの?」


実は、
書式のコピーをダブルクリックすると、
連続して貼り付けることができます。
解除する際には、再度書式のコピーをクリックするか、
「Esc」キーをクリックします(#^.^#)


知っておくと便利な機能?
かもしれませんね(*^_^*)

パソカレッジ仙台教室のホームページを見る

おはようございます(*^_^*)


今日は、
小数点を扱うエクセル関数について、
お話させて頂きます(#^.^#)


以前(結構前です(>_<))
エクセル関数に詳しい生徒さんより、
INT関数と、
ROUNDDOWN関数の違いについての質問が
ありました☆


良い質問と思ったのですが、
高度な質問との印象を受けたので、
ブログでの紹介は、
させて頂きませんでしたが、
最近、パソカレッジ仙台教室では、
エクセル関数スペシャルや、
関数の達人のテキストを学ばれている生徒さんが、
多くいらっしゃるので、
今日のブログで紹介したいと思います。


まず、
少数点を操作する関数のうち、
一般的なのが、


ROUND関数
ROUNDUP関数
ROUNDDOWN関数


だと思います。


ROUND関数は、
四捨五入して、指定した桁数の数値返します。
ROUNDUP関数は、
切り上げて、指定した桁数の数値を返します。
ROUNDDOWN関数は、
切り捨てて、指定した桁数の数値を返します。


そのうち、
ROUNDDOWN関数に近い関数として、


INT関数とTRUNC関数があります。


INT関数は、
数値を切り捨てて、整数にした数値を返します。
TRUNC関数は、
切り捨てて、整数または、指定した桁数の数値を返します。
この時、INT関数は、整数にするので、桁数の指定は無く、
=INT(数値)
の数式になること、
指定した数値を超えない最も近い整数を返すので、
「-」となる数値の際に、


結果が、
ROUNDDOWN関数とTRUNC関数とは、
異なります。


例えば、
「-1.5」の数値を整数にする場合、
数式:=ROUNDDOWN(-1.5,0) 結果:1
数式:=INT(-1.5) 結果:2
数式:=TRUNC(-1.5)若しくは、=TRUNC(-1.5,0) 結果:1
となります。


また、ROUNDDOWN関数と、TRUNC関数の違いは、
ほどんどありません。
整数の時に、ROUNDDOWN関数は、
桁数を指定しなければならないのに対し、
TRUNK関数は、その必要がないこと。
位でしょうか。


以上、今日は、この辺で。


エクセル関数なら、
パソカレッジ仙台教室

カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 10 11 12 13
14 15 16 18 19 20
21 22 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/06 フェンディ コピー]
[07/29 パネライ時計]
[05/10 中川さやか]
[03/02 馬場校]
[02/20 北海道人]
プロフィール
HN:
パソカレッジ仙台教室
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 仙台のパソコン教室 パソカレッジ仙台教室の日々 All Rights Reserved